憲法について

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

こんにちは!ココモの唐土です。

まずは、憲法を学習するにあたっての大まかなイメージについてです。

「憲法」とは

国の根本法であり、人権を列挙し、他方で国家の権利乱用を防止することで国民の権利と自由を守る。

何のために存在しているか?

私達国民が守らなければならないというより、様々な権力から私たちを守ってくれるもの。

憲法とは何のために存在しているのか

憲法を大きく分けると・・・

「統治」「人権」に分けられる。

「統治」はあくまでも「人権」を守るための手段に過ぎない。

憲法を大きく分けると

学習のポイント

「人権」と「統治」の側面から学習するポイントとは?

人権

自由権、社会権、受益権、参政権・・・など

  • 条文の暗記
  • 判例の理解
統治

権力を分立する

  • 過去の歴史から・・・
    • 権力が一か所に集中すると濫用され、結果として国民の権利が侵害されやすくなる
  • 権力を分離して・・・
    • 権力同士が互いに抑制と均衡が図られるようにされている。
    • 国家の作用を「( )」「( )」「( )」の3つに分離した。

      [ 解説 ]

      国家の作用を「立法」「司法」「行政」の3つに分離した。

      [ 解説を隠す ]

    • それぞれを「( )」「( )」「( )」に担当させる。

      [ 解説 ]

      それぞれを「国会」「裁判所」「内閣」に担当させる。

      [ 解説を隠す ]

憲法とは・・・練習問題

次の内容を踏まえて憲法の学習に取り掛かりましょう

「憲法」とは・・・

憲法とは、国の( )であり、( )を列挙し、他方で国家の( )を防止することで国民の( )を守る。

[ 解説 ]

「憲法」とは・・・国の根本法であり、人権を列挙し、他方で国家の権利濫用を防止することで国民の権利と自由を守る。

[ 解説を隠す ]

( )はあくまでも( )を守るための手段に過ぎない。

[ 解説 ]

「統治」はあくまでも「人権」を守るための手段に過ぎない

[ 解説を隠す ]

次の図のカッコ内を埋めてみましょう

人権と統治2

[ 解説 ]

人権と統治

[ 解説を隠す ]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする