居住移転・職業選択の自由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

憲法22条

職業( )の自由、( )の自由、( )の自由

  1. 何人も、( )に反しない限り、( )の自由を有する。
  2. 何人も、( )し、又は( )する自由を侵されない。

[ 解説 ]

居住移転の自由、職業選択の自由、外国移住、国籍離脱の自由)

  1. 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
  2. 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

[ 解説を隠す ]

S500430 薬事法事件

消極目的の規制については、規制の( )の審査と、( )規制の手段で( )が必要である。薬局の距離制限は、国民の生命・健康に対する( )という( )のものである。そして、薬事法に定める適正配置規制は規制の必( )の存在が認められないことから、22条1項に反し違憲である。

[ 解説 ]

消極目的の規制については、規制の必要性合理性の審査と、より緩やかな規制の手段で同じ目的が達成できるかどうかの検討が必要である。薬局の距離制限は、国民の生命・健康に対する危険の防止という消極目的のものである。そして、薬事法に定める適正配置規制は規制の必要性と合理性の存在が認められないことから、22条1項に反し違憲である。

[ 解説を隠す ]

S471122 小売市場距離制限事件

( )については、立法府がその( )し、当該法的規制処置( )、違憲とすることができる。

本件の( )は、経済的基盤の弱い小売商を相互間の過当競争による共倒れから保護するという( )である。小売市場解説の距離制限規定は、( )ではないことから、22条1項に反しない。

[ 解説 ]

積極目的の規制については、立法府がその裁量権を逸脱し、当該法的規制処置著しく不合理であることが明白である場合に限って、違憲とすることができる。

本件の規制の目的は、経済的基盤の弱い小売商を相互間の過当競争による共倒れから保護するという積極目的の規制である。小売市場解説の距離制限規定は、著しく不合理であることが明白ではないことから、22条1項に反しない。

[ 解説を隠す ]

H010307 公衆浴場距離制限事件

公衆浴場法の距離制限規定は、保健衛生の確保と自家風呂を持たない国民にとって必要不可欠な厚生施設の確保という( )を有する。

距離制限規定は、このような( )である。したがって、22条1項に反しない。

[ 解説 ]

公衆浴場法の距離制限規定は、保健衛生の確保と自家風呂を持たない国民にとって必要不可欠な厚生施設の確保という消極・積極二つの目的を有する。

距離制限規定は、このような目的を達成するための必要かつ合理的な範囲の手段である。したがって、22条1項に反しない。

[ 解説を隠す ]

H041215 酒税法事件

租税の適性かつ確実な賦課徴収を図るという国家の財政目的のための職業の許可制による規制については、その( )立法府の判断が、( )もので、( )なものでない限り、憲法22条1項に違反しない。

酒税法が酒類販売について免許制を採用しているのは、酒税の確実な徴収税負担の消費者への円滑な転化を確保する必要からであるから、( )を逸脱するものではない。

[ 解説 ]

租税の適性かつ確実な賦課徴収を図るという国家の財政目的のための職業の許可制による規制については、その必要性と合理性について立法府の判断が、政策的、技術的な裁量の範囲を逸脱するもので、著しく不合理なものでない限り、憲法22条1項に違反しない。

酒税法が酒類販売について免許制を採用しているのは、酒税の確実な徴収税負担の消費者への円滑な転化を確保する必要からであるから、立法府の裁量の範囲を逸脱するものではない。

[ 解説を隠す ]

H120208 司法書士法事件

登記制度国民の権利義務等社会生活上の利益に重大な影響を及ぼすものであることに鑑みると、当該規制は( )であり、憲法22条1項に違反するものではない。

[ 解説 ]

登記制度国民の権利義務等社会生活上の利益に重大な影響を及ぼすものであることに鑑みると、当該規制は公共の福祉に合致した合理的なものであり、憲法22条1項に違反するものではない。

[ 解説を隠す ]




シェアする

フォローする