教育を受ける権利

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

授業中の子供学問の、機会は得たから、活かそうよ

憲法26条

  1. すべて国民は、法律の定めるところにより、その( )( )教育を受ける権利を有する。
  2. すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女( )義務を負ふ。義務教育は、これを( )とする。

[ 解説 ]

  1. すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じてひとしく教育を受ける権利を有する。
  2. すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

[ 解説を隠す ]

解説
  • 第1項 いわゆる教育を受ける権利の保障
  • 第2項 教育を受けさせる義務および義務教育の無償
    • ( )」とよばれ、国民の( )のひとつ

      [ 解説 ]

      教育の義務」とよばれ、国民の三大義務のひとつ

      [ 解説を隠す ]

  • 学習権 教育を受ける自由という( )としての側面

    [ 解説 ]

    学習権 教育を受ける自由という自由権としての側面

    [ 解説を隠す ]

  • ( ) 国家に対して合理的な教育制度施設を設け、適正な教育の場を提供させる側面

    [ 解説 ]

    社会権 国家に対して合理的な教育制度施設を設け、適正な教育の場を提供させる側面

    [ 解説を隠す ]

S390226 教科書費国庫負担請求事件

26条2項は、( )を定めるに過ぎず、教科書、学用品、その他教育に必要な一切の費用まで無償にすることを定めるものではない。

[ 解説 ]

26条2項は、授業料の無償を定めるに過ぎず、教科書、学用品、その他教育に必要な一切の費用まで無償にすることを定めるものではない。

[ 解説を隠す ]

S510521 旭川学力テスト事件

( )説、( )説は、いずれも極端かつ一方的であり、いずれをも全面的に採用することはできない。

[ 解説 ]

国家教育権説、国民教育権説は、いずれも極端かつ一方的であり、いずれをも全面的に採用することはできない。

[ 解説を隠す ]

親は子女の教育の自由を有すると認められるが、それは主として( )( )に現れる。また、私学教育における自由教師の教授の自由も、それぞれ限られた一定の範囲で肯定しうる。

[ 解説 ]

親は子女の教育の自由を有すると認められるが、それは主として家庭教育等学校外における教育学校選択の自由に現れる。また、私学教育における自由教師の教授の自由も、それぞれ限られた一定の範囲で肯定しうる。

[ 解説を隠す ]

普通教育機関における教師の( )は、一定範囲において、23条により保障されるが、( )認めることとうてい許されない

[ 解説 ]

普通教育機関における教師の教授の自由は、一定範囲において、23条により保障されるが、完全な教授の自由認めることとうてい許されない

[ 解説を隠す ]

国は、( )において、教育内容についてもこれを決定する権能を有すると解さざるを得ず、これを否定すべき理由はない。

[ 解説 ]

国は、必要かつ相当と認められる範囲において、教育内容についてもこれを決定する権能を有すると解さざるを得ず、これを否定すべき理由はない。

[ 解説を隠す ]

全国学力テストは( )である。

[ 解説 ]

全国学力テストは適法である。

[ 解説を隠す ]

憲法23条

( )は、これを保障する。

[ 解説 ]

学問の自由は、これを保障する。

[ 解説を隠す ]

  • 一般に個人として学問を究めることを妨害されないという基本的意義
  • 学問の自由を担保するための制度的保障として大学の自治
  • 教授の自由、義務教育などを含めた広い意味での教育の自由、教育権の所在

H020118 伝習高校事件

高校学習要領に反するとの理由で懲戒免職とした処分は、( )とまではいい難く、( )とはいえない。

[ 解説 ]

高校学習要領に反するとの理由で懲戒免職とした処分は、社会通念上著しく妥当を欠くものとまではいい難く、裁量権の範囲を逸脱したものとはいえない。

[ 解説を隠す ]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする