天皇

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

眼鏡橋天皇は、日本国の、象徴です

天皇と民事裁判権 – H011120

天皇は日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であることにかんがみ、天皇には( )

[ 解説 ]

天皇は日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であることにかんがみ、天皇には民事裁判権は及ばない

[ 解説を隠す ]

憲法1条

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

天皇が「象徴」の地位として、それは日本国民の総意に基づいて決定されるとし、象徴天皇制、国民主権を規定する。

日本国憲法には国民主権と題する章はなく、本条および日本国憲法前文国民主権の根拠条文とされる。

国民(人権享有主体性)に天皇が含まれるか(憲法3章)

  • 肯定説(通説)
    • 国民とは国家構成員として天皇を含むが、象徴・世襲制という特別地位にあり特例であると解する。
  • 否定説
    • 皇位が世襲である以上、門地により国民と区別され、人権享有主体ではないと解する。
    • 天皇は人権享有主体ではないが、皇族は人権享有主体であるとする学説がある。




シェアする

フォローする