特別な法律関係における人権の限界

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

S580622 よど号事件

未決拘禁者の新聞・図書の閲覧の制限が許されるのは、その閲読を許すことにより監獄内の規律・秩序の維持上、放置できない程度の障害が生ずる相当の( )があると認められることが必要である。

[ 解説 ]

相当の蓋然性

「蓋然性 – がいぜんせい」とは?

  • その事柄が実際に起こるか否か、真であるか否かの、確実性の度合。
  • 確からしさ。
  • 蓋然的であること。
  • 数学的に定式化されたものは確率。

[ 解説を隠す ]

本件ではこのような( )が認められるため、処分は( )に反しない。

[ 解説 ]

このような蓋然性が認められるため、処分は21条に反しない。

[ 解説を隠す ]

憲法21条

  1. 集会、結社及び言論、出版その他一切の( )は、これを保障する。

    [ 解説 ]

    現の自由

    [ 解説を隠す ]

  2. ( )は、これをしてはならない。( )は、これを侵してはならない。

    [ 解説 ]

    検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

    [ 解説を隠す ]

S450916 禁煙処分事件

喫煙の自由は、( )の保障する( )の一に含まれるとしても、あらゆる時、所において保障されなければならないものではない。

[ 解説 ]

喫煙の自由は、13条の保障する基本的人権の一に含まれるとしても、あらゆる時、所において保障あれなければならないものではない。

[ 解説を隠す ]

喫煙禁止という程度の( )は、必要かつ合理的なものであると解するのが相当であり、監獄法施行規則中未決拘留により拘禁されたものに対し喫煙を禁止する規定は( )に違反しない。

[ 解説 ]

喫煙禁止という程度の自由の制限は、必要かつ合理的なものであると解するのが相当であり、監獄法施行規則中未決拘留により拘禁されたものに対し喫煙を禁止する規定は13条に違反しない。

[ 解説を隠す ]

憲法13条

すべて国民は、個人として尊重される。( )に対する国民の権利については、( )に反しない限り、立法その他の国政の上で、( )を必要とする。

[ 解説 ]

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

[ 解説を隠す ]

H100424 在監者への人権制約

監獄内の規律及び秩序の維持に障害が生ずること並びに受刑者の教化を妨げることを理由とする( )が違法なものとはいえない。

[ 解説 ]

監獄内の規律及び秩序の維持に障害が生ずること並びに受刑者の教化を妨げることを理由とする信書の一部抹消が違法なものとはいえない。

[ 解説を隠す ]

S400714 勤労者

公務員も憲法( )条に言う「( )」にあたる。

[ 解説 ]

公務員も憲法28条に言う「勤労者」にあたる。

[ 解説を隠す ]

第28条

勤労者の( )及び( )その他の( )をする権利は、これを保障する。

[ 解説 ]

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

[ 解説を隠す ]

S480425 全農林警職法事件

  1. 労働基本権の保障は公務員にも及ぶ
  2. 公務員の地位の特殊性と職務の公共性にかんがみると、( )の制限を加えることは、十分合理的な理由がある。公務員の勤務条件は原則として国会の制定した法律、予算によって定められることから、公務員による( )が行われるならば、( )する。また、公務員は、( )ほか、( )が講ぜられているから、労働基本権の制限は憲法に違反しない。

[ 解説 ]

  1. 労働基本権の保障は公務員にも及ぶ
  2. 公務員の地位の特殊性と職務の公共性にかんがみると、必要やむをえない限度の制限を加えることは、十分合理的な理由がある。公務員の勤務条件は原則として国会の制定した法律、予算によって定められることから、公務員による争議行為が行われるならば、議会制民主主義に背馳する。また、公務員は、身分が保証されているほか、適切な代償処置が講ぜられているから、労働基本権の制限は憲法に違反しない。

[ 解説を隠す ]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする