労働基本権

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

就職活動労働者、稼げる社員は、下剋上

憲法28条

勤労者の( )する権利及び( )その他の( )をする権利は、これを保障する。

[ 解説 ]

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

[ 解説を隠す ]

立法趣旨

19世紀の資本主義の発展過程で、労働者は失業や劣悪な労働条件に苦しい生活を余儀なくされた。そこで、労働者を保護し、じん現に値する生活を保障するために労働基本権(次の1,2,3)を保障した。

  1. 団結権
    • 労働者が団結して( )に労働者団体を組織する権利。

      [ 解説 ]

      労働者が団結して使用者と対等の立場に立つために労働者団体を組織する権利。

      [ 解説を隠す ]

  2. 団体交渉権
    • 労働者の団体が使用者と労働条件について交渉する権利。(交渉結果、締結されるものが( )。)

      [ 解説 ]

      (交渉結果、締結されるものが労働協約。)

      [ 解説を隠す ]

  3. 団体行動権
    • 労働者の団体が労働条件の実現を図るために団体行動する権利。(( )が中心。)

      [ 解説 ]

      争議権が中心。)

      [ 解説を隠す ]

三井美唄(びばい)労働事件 – S431204

市議会議員選挙で、統一候補を応援することとした労働組合に反して、独自に立候補した組合員の権利を停止したことが争われた。

労働組合は、28条の労働者の団体権保障の効果として、目的を達成するため必要かつ、合理的は範囲で、一般の組織的団体と異なる組合員に対する( )を有する。

[ 解説 ]

労働組合は、28条の労働者の団体権保障の効果として、目的を達成するため必要かつ、合理的は範囲で、一般の組織的団体と異なる組合員に対する統制権を有する。

[ 解説を隠す ]

労働組合が組合員に対し、( )を超え、立候補を取りやめることを要求し、これに従わないことを理由に当該組合員を統制違反者として処分するのは、その( )であって違法である。

[ 解説 ]

労働組合が組合員に対し、勧告または説得の域を超え、立候補を取りやめることを要求し、これに従わないことを理由に当該組合員を統制違反者として処分するのは、その統制権の限界を超えるものであって違法である。

[ 解説を隠す ]

三井倉庫港運事件 – H011214

ユニオン・ショップ協定のうち、締結組合以外の他の労働組合に加入している者及び締結組合から脱退し又は除名されたが他の労働組合に加入し又は新たな労働組合を結成した者について使用者の解雇義務を定める部分は、民法90条により無効である。

第90条(公序良俗)

( )( )とする( )は、( )とする。

[ 解説 ]

公の秩序又は善良の風俗に反する事項目的とする法律行為は、無効とする。

(短く) 公序良俗に反する事項目的とする法律行為は、無効

[ 解説を隠す ]




シェアする

フォローする