物権変動③

S461116 遺産分割後の第三者と登記

Aの不動産共同相続したBとC遺産分割を行い、Bの単独所有となった後、Cが当該不動産をDに譲渡した場合、( )。したがって、( )

[ [

Aの不動産共同相続したBとC遺産分割を行い、Bの単独所有となった後、Cが当該不動産をDに譲渡した場合、BとDは対抗関係に立つ。したがって、Bは登記なくしてDに対抗できない

[ [

S420120 相続放棄と登記

Aが自己所有の不動産をBに売却した後に、当該不動産をCに特定遺贈した場合、Cは( )することができない。

[ [

Cは登記がなければ物権の取得をBに対抗

[ [

S290831 動産の物権変動

動産の寄託を受け、一時それを保管しているだけに過ぎない者は、178条の「第三者」にはあたらない

[ [

178条の「第三者」にはあたらない

[ [

第178条(動産に関する物権の譲渡の対抗要件)

動産に関する物権の譲渡は、その( )がなければ、( )ができない。

[ [

動産に関する物権の譲渡は、その動産の引渡しがなければ、第三者に対抗することができない。

[ [

S261127 即時取得「善意無過失」

善意であり、かつ、過失が無い(善意無過失)とは、( )において、( )をいう。

[ [

善意であり、かつ、過失が無い(善意無過失)とは、動産の占有を始めた者において、取引の相手方がその動産につき無権利者でないと確信し、かつ、そう信ずるにつき過失のなかったことをいう

[ [

S350211 即時取得「占有」

( )では、即時取得は成立しない。

[ [

占有改定では、即時取得は成立しない

[ [

S570907 即時取得「占有」

( )の場合は、即時取得が成立する

[ [

指図による占有移転の場合は、即時取得が成立する

[ [

H120627 即時取得・盗品等の占有

被害者等が盗品等の占有者に対しその物の回復求めたのに対し( )があるまで盗品等の引き渡しを拒むことができる場合には、占有者は( )を行う権限を有する。

[ [

被害者等が盗品等の占有者に対しその物の回復求めたのに対し占有者が支払った対価の弁償があるまで盗品等の引き渡しを拒むことができる場合には、占有者は弁償の提供を受けるまで盗品の使用収益を行う権限を有する

[ [

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする